東京酒吐座加入について

  • 2013.01.06 Sunday
  • 02:34
ファーストコンタクトはもう去年の8月とか9月とかにさかのぼります。

とあるブッキング担当/イベント運営の某氏からツイッターにDMがありました。
「五味さんを是非メンバーとして誘いたいといっているバンドがあります、
 もし興味あれば直接お会いする段取りを組みますが…」
文面の細かいニュアンスは違うかもだけど、みたいな内容だったと思う。

もちろん、その人を食ったような名前は
当然インパクトをもって存在は知っていたし
これまでの人生、自分でバンドを組むことしかして来なかったので
加入要請というのはホント意外すぎるぐらい意外で
半ばそのメンタルに対しての興味のほうが勝り
会ってみたくなったのが正直な気持ちでした。

でも会う前の第一印象はいいものではありませんでした。
なぜなら、彼らのライブを観にいって(対バンはalcanaだったので同罪ですが)
嫁が財布を置き引きにあったという…そんな縁でした。

ササブチヒロシ会ってみて
執拗に(笑)強引に(笑)気がつけばレコーディングに参加してました。
ぶっちの魅力にやられました。

わたしは酒を呑みません、一滴も。
なのでおそらく今後も打ち上げで一緒に盛り上がることはないでしょう。
(数回の現場ではシラフでも十分盛り上がれた)
それでも彼らの人としての魅力に興味をもっております。

俺は今までも「シューゲイザーではありません」と言ってきました。
これからもそうでしょう。
ですがこの名前はこのままでいいと思うといいました。
むしろ…であるから面白いと。
このバンドの魅力のひとつはよしおくんとなべちゃんの織りなす轟音です。
その魅力を変える必要はないといいました。

さて、では俺に何ができるでしょう。
やってみないとわかりません(笑)。
何もできずに「あばよ!」と柳沢慎吾るかも知れません。

でも彼らの現在持つポテンシャルは
とても…とても夢を見るには十分なものがあります。

レコーディングに参加したMBVトリビュートは
トリビュートですから、未だオリジナル曲を作っておりません。
Voもまだ決まっていません。
片づけるべき問題も未だ残っております。
そのためがっつりの参加はちょっと先の話になるかも知れません。
初ライブは2.9だそうです。ノープランです。

まずは自分の家であるZEPPET STOREのツアーに集中し
五味誠(wipe/sphere/ZEPPET STORE/東京酒吐座)となったご報告を致します。
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM